老人ホーム、介護施設の種類って?

老人ホーム介護施設ってよく似た名前でもその内容が違っていたり分かりづらいですね。

老人ホーム、介護施設の種類違いについて先ずは大雑把に、最初の理解としてまとめてみました。

老人ホーム、高齢者住宅、介護施設選びの先ずの一歩でお役に立てれば幸いです。


スポンサーリンク



介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームは、介護保険によるサービスと保険外のサービスの両方受ける事できます。

食事や清掃、身体介護から、リハビリ、サークル活動、レクリエーションなど、施設のスタッフによる幅広いサービスが受けられます。

要介護者を受け入れる「介護専用型」と、自立(介護認定なし)、要支援、要介護者を受け入れる「混合型」があります。

目安として初期費用は0円から数千万円、月額費用は10~30万円ぐらいです。

費用が高く設定しているところもありますのと施設数も多いので、入居までの待機する事はあまりないのも特徴です。

住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームは、介護付きではない有料老人ホームを指していました。

しかし今では、訪問介護や通所介護などの外部サービスを利用しながら生活していけますので介護を受けることができます。

介護付き有料老人ホームとの違いは、重度の介護状態の場合、基本的に住み続けられないところもある、という点です。

目安として初期費用は0円から数千万円、月額費用は10~30万円ぐらいですが介護付きと比較しても一般的に高い、といえます。

施設数も多く長期待機する事はあまりありません。

サービス付き高齢者向け住宅

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリー対応の賃貸住宅です。

介護保険ではない、自立(介護認定なし)あるいは軽度の要介護状態の高齢者の住宅です。

一般的な賃貸住宅に比べ家賃が高い、重度の介護状態では、基本的に住み続けられない、等高齢者向けの賃貸住宅です。

初期費用は敷金で0円から~数百万円、月額費用家賃は10万~30万円で家賃が一般の住宅より高めです。

低価格物件は人気ですが、家賃の高いところは比較的簡単に見つける事ができます。

高齢者向け優良賃貸住宅(高優賃)や高齢者専用賃貸住宅(高専賃)はこの「サービス付き・・・」に統合されています。

まとめ

今回は主に民間が運営していて自立者も要介護者も入居できる老人ホーム、介護施設をピックアップしてその種類と違いをまとめました。

月間利用者数は120万人以上で業界最大級のHOMES介護では、いろいろな検索で施設を探す事ができます。

都道府県、種類、費用はもちろんの事ですが、例えば「眺め」「音楽」「セキュリティ」「大浴場」「サークル」などのこだわりキーワードで探すことができます。

気になる施設があれば、詳しい内容の資料請求は全て無料です。

 

その生活、もっと素敵に。「記事一覧」