介護施設、老人ホーム種類と特徴

介護施設老人ホームの種類、違い、そのそれぞれの特徴について、先ずは大雑把な理解を目的にまとめています。

前回は自立の方も入居できる「住宅」系でしたが、今回はより介護度や症状の重い方向けの施設の説明です。

老人ホーム、高齢者住宅、介護施設選びの先ずの一歩でお役に立てれば幸いです。

Sponsored Link

グループホーム

グループホームは、軽度の認知症高齢者が少人数で共同生活を送る施設です。

社会福祉法人や地方自治体、NPOなどによって運営される地域密着型の介護施設です。

「65歳以上の要支援2または要介護1以上の認知症患者」
「施設のある市町村に住民票があること(グループホームは地域密着型サービスのため)」などが基本条件です。

認知症の状態が悪化すると退去しなくてはなりません。

目安ですが初期費用は0から数百万円で、月額費用は15~30万円くらいです。

軽費老人ホーム

軽費老人ホームは、社会福祉法人や地方自治体などが運営する福祉施設です。

自治体の助成を受けて比較的低い利用料で入居できますが要支援の高齢者、特に75歳以上の後期高齢者に対応しています。

要介護状態には基本対応しない事と空きが少なく入居が難しい場合があります。

目安ですが初期費用A型(食事あり)B型(見守りのみ)ともに0円から30万円、月額費用はA型で6万~17万円、B型で3万から4万円くらいです。

Sponsored Link

ケアハウス(軽費老人ホームC型)

ケアハウスは、社会福祉法人や地方自治体、民間事業者などによって運営される低所得者向けの福祉施設で「軽費老人ホームC型」とも呼ばれます。

ケアハウスは、身寄りがない、または家庭環境や経済状況などの理由により家族との同居が困難な高齢者が、自治体の助成を受けて比較的低い費用で利用できます。

一般型のケアハウスは、初期費用が30万程度と安いのですが、入居条件がいろいろあり、又要介護状態では退去を求められます。

逆に介護型は初期費用がかなりかかりますが、重度の要介護状態になっても住み続けることが可能です。

目安として月額費用は一般型で7万から13万円くらい、介護型16万から20万円くらいです。

特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホームは、寝たきり状態など常時介護を必要とする要介護者を対象としています。

介護老人福祉施設とも呼ばれます。

全国的に入居までの待機期間が長く、申し込みをしてもすぐに入居することは難しいです。

入所した人の多くはそこで残りの余生を過ごすため、重度の要介護者にとっては「終の棲家」といえます。

要介護度は原則3以上。

初期費用は原則必要なしで、月額費用は目安5~13万円くらいです。

介護療養型医療施設(療養病床)

介護療養型医療施設とは、比較的重度の要介護者に対し、充実した医療処置とリハビリを提供する施設です。

主に医療法人が運営する施設で、多床室もあることから比較的少ない費用負担で利用できます。

昔は老人病院などとよばれていたもので、療養病床とも呼ばれる病院です。

利用料が比較的安く入居一時金が必要ありませんが、入居が難しく、医療が主なのでレクリエーションなどは充実していません。

医学的管理が必要な要介護1以上の高齢者(65歳以上)などが基本条件としてあります。

目安としては、月額費用8万から13万円くらいです。

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設は、主に医療ケアやリハビリを必要とする要介護状態の高齢者(65歳以上)が受け入れられます。

あくまでも在宅復帰を目的としたもの、というのが一番の特徴で、安定した長期入居はできません。

入所期間は3ヶ月ごとに退所あるいは入所継続の判定が行われます。

利用料は安く(目安の月額は8万から13万)、入居一時金が必要ないのが特徴です。

介護老人福祉施設(特養)に入居できるまでの待機としてこの「老健」を利用される方も多いです。

まとめ

前回は有料老人ホーム、高齢者住宅など民間が運営しているところが多い施設とその種類についてまとめました。

今回は助成金があったり、公も運営していたりで比較的安く利用できたりするところです。

共通しているのは、入居条件もいろいろあり、入居の待ちが長く入居しづらいところが多い、という特徴です。

そして、詳細は各施設によって様々ありますので、先ずは資料請求をしてみる事から始めるのが良いでしょう。

Homes介護では複数の施設を一括で資料請求ができますし、それらは全て無料です。

 

その生活、もっと素敵に。「記事一覧」